読み物・コラム

現在表示位置

その33 「逆らいしぐさ」

最近の若い者は…
と注文をつける、このセリフ、
エジプトのヒエログリフにも書いてあるそうだ。
いつの時代も、似たようなことを
年寄りは言いたがる。

それにしても、だ。
「だって」「でも」「しかし」「そうはいっても」
何もしないうちから
若い諸君は、この種のセリフを使いすぎやしないか。

これらのセリフは皆、いいわけ言葉。
このあとに、「だからできない」
もしくは、「だからできなかった」と続く。
江戸では「逆らいしぐさ」といって、嫌った。

前後のことに見境なく
気軽に返事だけして、実際はやらない
風呂屋の釜焚き、つまり、言(湯)うだけの人。

あるプロジェクトを始めようとしているときに
ありとあらゆる理由を動員して
実現不可能なことを延々と言う輩。

イメージよくよく、その本音を探ってみると、
ものぐさ、小賢しく、先が見えているつもりだ。
しかし、山の頂に登らぬ限り全体はみえない。
やってみなければ、
物事は動かないし、自分の能力も育たない。
馬には乗ってみろ、人には沿うてみろ、だ。

謙虚さがないと人は皆去っていく。
挑戦しなければ何も生まれない。

ページトップへ