読み物・コラム

現在表示位置

その30 「傘かしげ」

現代の浮世絵師、の異名を持つ
画家、山口晃さんのおかげで
江戸しぐさを知った人は多い。

公共広告機構のマナーキャンペーンで
山口さんの書いたポスターが
評判になった。
ちょっとレトロ調で、インパクトがある。
それが電飾版になり、
テレビのCMになり、
ますます、ファンが増えた。

イメージ江戸しぐさといえば傘かしげ
と、皆がイメージするのも無理はない。
狭い道路ですれ違う時、
ちょっと傘を倒して、
お互いに軽く会釈を交わす姿は
粋、つまり格好いい。

セミナーなどで
若い世代の人たちに
江戸しぐさの話をすると、
礼儀や作法という受け止め方よりも
「格好いいじゃん」
という感想が真っ先に出てくる。
極めて素直な反応である。

江戸しぐさが
若者たちの心をつかみ、
彼らの周囲に笑い声が絶えなくなったら
いがみ合いも殺傷事件も
自然と、姿を消すだろう。
その第一歩が傘かしげ、である。

ページトップへ