読み物・コラム

現在表示位置

その29 「念入れしぐさ」

念には念を入れよ。
出かける前にアイロンの電源は切ったか、
寝るときは玄関の鍵をきちんとかったか。
年寄りによく言われた。
しかし、うっかりすると、忘れている。

江戸の商家では
主の一日の最後の仕事がこれだった。
戸締まりはできているか。
夜遊びで帰りそびれている従業員はいないか。
かまどの火はしっかり始末ができているか。

いったん火事を出せば身の破滅である。
江戸の町では3,4年に一度、大火があった。
火事を出しても大変、もらっても大変だった。

1699年創業の鰹節専門店「にんべん」では
いち早く土蔵づくりの店にした。
類焼を避けるためだ。
もちろん、火の用心も人一倍した。
おかげで約200年間、火事に遭わなかった。

イメージそのせいか、噂が立った。
また、実際に、事件が起きた。
年の瀬、門松を立てると、
通りすがりの人が
松を一本、また一本、抜いていってしまう。
自分もあやかって火事に遭わぬように、だ。

人間、物事が順調で、
自信満々の時が一番怖いという。
油断が生じるからだ。
念には念を入れて…

ページトップへ