読み物・コラム

現在表示位置

その27 「あい澄みません」

小学生のころ、国語の時間が楽しかった。
次から次へと新しい言葉にぶつかる。
いったん覚えると、今度は使ってみたくなる。

何かの折、乱読という言葉を覚えた。
手当たりしだい多くの本を読むという意味だ。
すると使ってみたくて仕方がない。
試しに母親の前で使ったら、目の玉が飛び出るほど叱られた。
人様の前でそんな生意気なことを言うものではないと。

江戸時代の文献は
内容の判断ができるまでに時間がかかる。
何々すべしとあるはずが、何々すへし
と、音が濁らぬまま書いてあるからだ。
江戸の人々が澄むことにこだわった結果だ。

そこで、あい澄みません、である。
あいは相対していての意味か、
勢いを示すものかは、さておき、
澄みませんは
自分の心がすっきりと澄んでいない状態を指す。

イメージお店でいえば
せっかく来店していただいたのに、お客様の探し物がない。
そこで、あい澄みません、となる。
相手の気持ちを思いやって、行き届かないことをわびる。

若者たちが使うスイマセン。
本来は「あなた様のお手を煩わせてあい澄みませんが…」が
なまったものだ。
大相撲で大麻事件があったことだし、
スイマセン談義で秋の夜長を過ごすのはいかがだろうか。
いや、余計なことを言って澄みません。

ページトップへ