読み物・コラム

現在表示位置

その26 「半畳を入れる」

若い人たちが何人か集まって
ワイワイガヤガヤしていたとする。
そのうち一人が調子に乗って
「誰それの話が本当なら太陽が西から上る」と、
ちょっと生意気な口ぶり。

とたんに、そばで黙って聞いていた年寄りが、
「おいおい、そのいいぐさは10年早かあないかい」
怒るでもない、叱るでもない、
強いて言えばたしなめる、だろうか。

半畳を入れるという言い方、ざっくり言えば
こんなシーンを想像したらいい。

この割り込みが、
もうすこし、ユーモアに富んでいれば
チャチャを入れる、冷やかす
といった表現に言い換えてもいいだろう。

イメージもともと、この半畳、
芝居小屋などで座布団代りに使われていた
小さな畳のこと。
芝居が下手だと、この半畳を舞台に投げ込んだ。
大相撲でも
横綱など上位力士が格下の力士に負けると
座布団が飛ぶ。

これが転じて会話の中でも使われ出した。
もっとも、本来は約束事があって
年上だからこそ年下に対して許されたものらしい。
若い者が年上に生意気な口をきくのはご法度。
でもね、
最近は気の利いた半畳を入れられる上司は一握りらしい。

ページトップへ