読み物・コラム

現在表示位置

その19 「銭湯づきあい」

イメージ江戸に最初の銭湯ができたのは1591年夏。
日本橋に程近い銭甕橋のたもとだ。
徳川家康が江戸にはいった翌年である。
1人永楽銭1文だったので銭湯と呼ぶ。

水が絶対的に不足していたし、
火を使えば火事の原因にもなる、
それに、スペース的にも経済的にも
自家風呂を持つ余裕はなかった。

当初は蒸し風呂に近い、
たっぷりお湯がたまった風呂を
楽しむようになるのは
だいぶ後になってのことだ。

ともあれ、風呂では裸の付き合いになる。
あらかじめ前と後ろをきちんと洗い、
熱い湯にじっと我慢している先着組に
気を使いながら湯船に入った。
式亭三馬の『浮世風呂』には
その情景がよく描かれている。

いまの時代、一見、関係なさそうだが、
この銭湯づきあいが問われる場所がある。
ゴルフ場だ。
クラブの会員になれるかどうかを左右する。
役員が一緒にコースをまわり、
腕前もさることながらマナーを見る。
その最後の関門が風呂である。

「風呂の入り方も知らない方をメンバーになんて」
そんな厳しい一言で、憂き目にあった人が結構いる
というから面白い。

ページトップへ