読み物・コラム

現在表示位置

その15 「はいはいの修養」

前向きに捉える人、
後ろ向きに捉える人。
物事を捉える場合、
人間には
二つのタイプがあるようだ。

なにか頼みごとをしたとする。
ハイと二つ返事で引き受ける
逆に
かくかくしかじかでできないと断る。

イメージ意見交換をする折、
必ず、何か新しい知恵を持ち込んでくる
逆に
重箱の隅をつつくように欠点を探し回る。

こんな場面に何回か遭遇するうち
どうせ一緒に仕事をするなら
前向きの誰それがよい
後ろ向きの誰それとは口もききたくない
と相場がきまってくる。

世間を広くするも、狭くするも
自分の料簡次第である。

「はいはいの修養、いかがの注意」

まずハイと返事をして、人の意見を聞きなさい
その内容をじっくり吟味して
もし疑問や意見があれば
ところで、この点はいかがでしょうかと
伺いをたてなさい。
昔の人はこう言って自分を戒めた。

ページトップへ