読み物・コラム

現在表示位置

その13 「おはようにはおはよう」

朝、オフィスに入るや、
「おはようございまぁす」
元気な声をだすと、
あちこちから、こだまのように
「おはようございまぁす」

息の合ったやり取りができると、
仕事にリズムが出てきて
さあ、今日もやるか、という気がしてくる。
不思議なものだ。

あいさつは
私はあなたのことを思っていますよという
自分の気持ちを伝える一種のサインだ。
前向きに言えば、今日もよろしくだし、
後ろ向きにいえば、何とかケンカはしないで済ませたいだ。

ともあれ、
「おはよう」と気楽に言われたら「おはよう」と返す。
「おはようございます」なら同様に、丁寧に「おはようございます」

日中なら「こんにちは」
夜なら「こんばんは」
語尾が(わ)でなく(は)なのは、
本来はその後に、
「暖かくなりました」あるいは「日が長くなりました」など
互いの心理的距離を短くするセリフがあったからだ。

イメージ江戸の商人たちは必ず帯の前で左手を上に手を組んでいた。
右手が武器になりやすいからで、
武士が刀を右に置くのと同じ。
外国人が握手をしたり、抱擁するのは武器を持っていない証し。
何事もあいさつの出来不出来から始まる

ページトップへ