読み物・コラム

現在表示位置

その8 「陽に生きる」

朝夕のオフィス街。
行き来する人たちの表情が暗い。
目はちょっと伏し目がち
背中もこころもち丸い。

いつのころからだろう。
こんな光景が当たり前になった。
15年ほど前にバブルが崩壊、
対策に四苦八苦してきたせいか。
将来に希望が見えなくなったせいだろうか。

たぶんどちらも当たっている。
経済が右肩上がりで成長していれば
その場しのぎで何とか事が済んできた。
足元を見つめなおすことも
自分の実力、つまり技をみがくこともない。
惰性で会社に行き、定刻になれば家路に向かう。

自分という人間を生かす心構えが足りなかった。
顔が光り輝くわけがない。
背筋を伸ばして歩けるはずがない。

江戸っ子は宵越しの金を持たない、とよくいう。
多種多様な仕事を創りだす名人だったからだ。
子どもですら馬糞を拾って肥料として売った。
その日に稼いだお金を
その日のうちに景気良く使ってしまっても
腕や才覚さえあれば、また仕事がとれた。

イメージ朝起きたらお天道様に手を合わせ
自分の能力に自信を持って、前向きに、陽気に生きる。
プラス思考。
ビジネスパーソンに欲しい発想法である。

ページトップへ