読み物・コラム

現在表示位置

その6 「横切りしぐさ」

大相撲。
関取たちの土俵入り。
イメージ花道から次ぎ次ぎに土俵に上る際、
右手を手刀のように軽く振る。
審判員や観客の前を横切る挨拶。

この手刀、勝負に勝って
賞金の入った包みを受ける前にも見られる。
相撲の神様にお礼を言うしぐさである。
まず左に神産巣日神(かみむすびのかみ)、
右に高御産巣日神(たかむすびのかみ)、
真ん中に天御中産神(あめのみなかぬしのかみ)だ。

もともと日本人は刀を
単なる武器と見ず、
高い精神性の象徴と見る、
慣わしがあった。

刀を振ることで魔を払い、退散させる、
そんな意味合いもある。
もっとも
いつも抜き身の刀を
振り回しているわけにはいかない。
そこで登場するのが手刀。

ちょっと目の前を横切って失礼しますよ。
ごめんなさい。
前を通らせてください。

江戸のしぐさは右回り。
手刀は右手で切るものと決まっていた。
横綱朝青龍が手刀を左手から右手に直されたのも
しきたりに従った結果だ。

ページトップへ